top of page
  • techno-speech

令和2年春の褒章において紫綬褒章を受章


当社役員の徳田が令和2年春の褒章において紫綬褒章を受章いたしました。


紫綬褒章は、科学技術分野における発明・発見や、学術およびスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた個人に対して授与されます。


今回の受賞は、音声合成の問題に関し、統一的な統計モデルに基づいた新しいアプローチを提唱し、任意の話者の声質、発話スタイル、感情表現等を自在に生成可能であることを示した業績が高く評価されたものです。


受賞者:

株式会社テクノスピーチ 代表取締役(CEO,CTO)

徳田恵一


今後も当社は、音声合成技術の更なる社会普及を目指し、画期的な技術の開発に取り組んでまいります。

最新記事

すべて表示

音声技術に関する世界最高の学術賞「IEEE ジェームス・L・フラナガン賞」を受賞

弊社役員の徳田が2024 IEEE James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award を受賞しました。長年にわたる音声合成および音声信号処理に関する先駆的な貢献が認められたものです。 IEEE Technical Field Awards (TFAs) は、世界最大の電気情報系の国際学会であるIEEE が関与する科学技術分野の最高の学術賞で、特

学会誌「情報処理」にて受賞コメントを寄稿

情報処理学会の学会誌「情報処理」にて、代表の大浦が2019年度マイクロソフト情報学研究賞の受賞コメントを寄稿しました。 大浦圭一郎, ``音声合成技術の研究とその社会実装'' https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=20

Comments


bottom of page